■
 PCお役立ち情報 » 安全に安心して使おう!:Windowsシステムの設定 » HDDをパーティションで分ける   前のトピック   次のトピック
HDD ★★★          
■
■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
 
■ ■ ■
  A4-010 HDDをパーティションで分ける  
■ ■ ■
■

コンピュータにトラブルが起き、起動しなくなったときなどにWindowsの再インストールを余儀なくされることがあります。このような場合、HDDを分割しておき、“書類や写真などの自分用のデータ”はWindowsシステムとは別の領域に保存しておけば、再インストール時に“自分用のデータ”は消失することはありません。データの保護という面からも、Windowsシステムと“自分用のデータ”は、HDDを分割し別々に格納しておくことをおすすめします。
また、ウイルスチェックやファイルの検索などは、パーティションで区切られた各ドライブごとに行うことができるので、コンピュータの処理時間短縮につながります。

詳しい説明や方法は、コンピュータの『ユーザーズマニュアル』をご覧ください。

■
■ ■ HDDの分割 ■
■

HDDの分割は、下記のイラストのようなイメージです。
HDDを分割したひとつひとつを「HDD領域」または「パーティション」と呼びます。また、Windowsで使えるHDD領域が「ドライブ」になります。
HDDを分けておくと、再インストール時にCドライブ以外の領域はそのまま使うことができます。

■
 
HDDを分けておくと、再インストール時にCドライブ以外の領域はそのまま使うことができます。
 
■基本的なパーティションの分け方
■
  格納データ パーティション容量の目安
Cドライブ Windowsシステム・アプリケーション 30~50GB
Dドライブ 個人用データ 残り
 

■分割方法

■
どのドライブを分割するかで、分割方法が異なります。

Cドライブ(Windowsがインストールされている部分)を分ける場合
Windowsの再インストールが必要です。インストール中にパーティションを分けます。

■

Cドライブ以外のドライブを分ける場合(2台目のHDDを含む)
「ディスクの管理」画面で設定を行います。

■
     
■
Windowsの再インストール
■

Windowsを再インストールするとCドライブのデータはすべて消えてしまいます。
Windowsのインストール前に、データをバックアップしておいてください。

 
“消去禁止領域”は削除しない
■

機種によってはHDD内に“消去禁止領域”が設定されています。この領域には、再インストール時に使用するドライバやアプリケーションが格納されており、削除すると再インストールができなくなります。
なお、“消去禁止領域”は「マイコンピュータ」では表示されませんが、Windowsのインストール時に表示されます。

 
Windowsを再インストールする
   
   
 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■
  Copyright © 2007 EPSON DIRECT CORP. All rights reserved. ▲ページトップ▲
■